ACCESSING CULTURAL EXPERIENCE DURING COVID-19 hosted by Keio Media Design & King's College London

COVID19時代の文化・芸術経験を共創するデザインワークショップ

本ワークショップは終了しました。This workshop has successfully ended.

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

【ワークショップ概要】

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)と英キングスカレッジロンドンが共同で開催する、共創型のオンラインワークショップ。2020年7月のロンドンに続き、この度、東京でも開催されます。参加者同士の活発な交流を基に、全6回に分けてペルソナ作りやストーリーボードを通じたコンセプト設計などを行います。

【背景】

今日、コロナウイルスの世界的な広がりにより、人々の社会的な交流や自由な移動などが制限されています。とりわけ芸術分野では、企画展の中止や美術館の休館などにより、気軽に文化に触れる機会が失われてしまいました。

【テーマ】

このワークショップでは、1) 技術的制約から生じるデジタルディバイドなどの問題、2) リアルな繋がりを楽しむ場の喪失という空間的制約、3) 従来から指摘されている、生活からゆとりが失われる時間的制約、の三つの制約を受ける人々を念頭に、文化・芸術との関わり方を再検討し、新しい経験をデザインします。

【構成について】

本ワークショップはオンライン上での「共創」をテーマに、様々なデジタルプラットフォームを活用して、参加者同士の活発な交流の下に行います。全6回のワークショップの中で、ペルソナ設定やアイディエーション、ストーリーボードを用いたコンセプトの設計を行います。

【主催者情報】

主催: 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 閑プロジェクト
パートナー: King’s College London, Faculty of Arts & Humanities
スポンサー: 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート・King’s Together Fund 2020

【詳細】

開催期間: 2020年9~10月の土曜午前 (9/12, 9/19, 9/26, 10/3, 10/10, 10/17)
参加費用: 無料
当日会場: オンライン (Zoom)
使用言語: 日本語
お問合せ: itoma@kmd.keio.ac.jp
フォーム: 申し込みは締め切りました。

【スケジュール】

WEEK1|Introducing Topic 2020年9月12日(土)10:00-12:00
WEEK2|Designing Personas 2020年9月19日(土)10:00-12:00
WEEK3|Brainstorming Ideas 2020年9月26日(土)10:00-12:00
WEEK4|Refining Ideas 2020年10月3日(土)10:00-12:00
WEEK5|Sketching Concepts 2020年10月10日(土)10:00-12:00
WEEK6|Presenting the Concept 2020年10月17日(土)10:00-12:00

ACE London Workshop

London workshops held from July 3 - September 11, 2020

See more details here

ロンドン開催は2020年7月3日から9月11日の期間において、同じく全6回にて開催されました。

東京ワークショップ開催期間中に、ロンドン=東京の意見交換会を別日程にて開催しました。

もっと知りたい方はこちら

Voices from attendees

"Full, rich, urgent and a very useful space to think together in response to the current context"

"A much needed and inspiring gathering and exchange at a time of isolation"

"It's been really inspiring, both in terms of content and format. Thank you for the opportunity to take part!"

"Very insightful and thought provoking for my contribution to the cultural sector moving forward"